Randy Apps


Convenient Apps changing tomorrow.

世界時差時計 – for iOS


タイムバーで時刻を調整する

画面右のタイムバーをスクロールすると、各都市の時刻が連動して変化します。
 ー上方向:未来へ
 ー下方向:過去へ

画面下の「現在時刻」ボタンをタップすると、各都市の時刻が現在時刻へ戻ります。

タイムバーをダブルタップすると、1時間単位で時計を進められます。
一時間単位になっている時は、タイムバーのアイコンの色が濃く表示されます。
もう一度タイムバーをダブルタップすると、1分単位に戻ります。


日時を直接指定する

各都市の領域をタップすると、日時を直接指定出来ます。


都市を編集する

画面左上の「編集」ボタンをタップすると、都市の削除と並び替えが出来ます。


都市を追加する

画面右上の「+」ボタンをタップすると都市リストが表示されます。リストから都市を直接選ぶか、もしくは都市名や国名で検索することが出来ます。


『世界時差時計』の時差データについて

基本的に『世界時差時計』では、アプリ内に時差データを保持しておりません。
時差の取得については、iOS側に問い合わせて各都市の時差データを取得しており、iOS側の時差データが『世界時差時計』に表示される時刻にそのまま反映される仕様となっております。
詳しくはこちらのページをご覧ください。


よくある質問

Q:夏時間は自動的に反映されますか?
A:はい。自動的に反映されます。
夏時間の開始時(終了時)に何か特別な操作をする必要はありません。

Q:時刻に間違いがあるようです。どうすれば良いですか?
A:iPhone標準の「世界時計」アプリを確認し、「世界時差時計」とiPhone標準「世界時計」の時刻が異なっている場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡ください。
「世界時差時計」とiPhone標準「世界時計」の時刻が同じ場合は、iOS側の問題ですのでiOSのバージョンアップなどで時刻が修正されるのをお待ち下さい。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

Q:都市名を英語で表示させることは可能ですか?
A:アプリ内で都市名を英語に切り替えることは出来ませんが、iPhoneの使用言語を英語(日本語以外)にすることで英語の都市名と日本語の都市名を混在して表示させることが出来ます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。